2018年03月一覧

ゆるい生命保険の審査、健康状態の告知について

ゆるい生命保険の審査、健康状態の告知について

生命保険を契約するときに、審査ってありますよね。

その審査が終わった後に、健康状態の告知のことで、保険の支払いの金額がいつもより多くなると言うことになりました。

それでまぁ、プラスになるならいいかなと思って、承諾して、そして証明がいると言われました。

その署名をする日に、契約書書いたのですが、その前に行ったお医者さんの健康診断の結果が家に郵送されてきました。

それを見ると、再検査が必要だと書かれている項目があったんです。

こういった場合、保険会社の人に追加で健康状態を知らせなければいけませんか?

これから先、もし健康状態何か問題が起きてしまったり、と言うことになったときに、きちんと保険金は払ってほしいと思っているのですが、こういった健康状態の告知に座るときに保険金が降りないような気がして心配です。

署名した日が健康診断の結果を知り己よりも前だったんだから、いいのではないかなと思うのですが。詳しい人教えてください。

ゆるい生命保険の審査、健康状態の告知についてのアドバイス

普通の保険会社であれば、おそらく、初回の契約書に署名したと言うことであれば、その前の告知内容であなたの健康状態における保険料の支払いが、条件が付くと思います。

割増で、それをあなたの健康状態にある貢献を契約したよそれを受け入れたと言う意味になりますよね。

ですから1番最初に健康状態を告知した日に戻って、契約状態が開始します。

ただし、以下のような保険会社もあるのが事実です。

健康状態が変わったと言うことで、契約書にしないこと。

そしてあなたには出もう一度検査を受けて、異常がなかったら良いけれども、もし検査が結果が悪かったりとか経過観察が必要な場合は、再提出しなければならないと言う会社です。

また検査の結果あまり良くなくてさらに精密検査が必要と言うような検査の結果であれば、割り増しが解除されて、それどころか、契約解除だったりとか受け入れを否定すると言う保険会社もあります。

しかしながら、あなたの健康状態がよくわかりませんよね。

あなたが現在の健康状態がいったいどの程度なのか。

また、加入したいと思っている生命保険にしてもいろんなタイプがあって、その会社によっては、審査をする項目が違ったりしますよ。

なので、その保険会社の担当者に相談するのが1番だと思います。

あるいは保険を総合的に相談してきてくれるファイナンシャルプランナーや、保険の窓口みたいなの業者さんに聞いてみるのもいいと思います。

といっても、あなたの告知の段階で健康状態に不備があることを知らなかったわけですから、とりあえずこの契約した保険会社と契約しておいたらいかがでしょうか。

応対がとても良いと言うところで、そしてもしも違う条件であなたの保険に加入できるなったら、その時にまた考えて、改めて別の生命保険契約を結んだらどうでしょうか。

それは1番あなたにとって良いかもしれませんね。(保険会社からしたら、少しずるい方法しれませんが。)

とは言え、1番クリーンな方法は、新たにもうちょっと良い病院でもう一回検査して、1番良い結果を出すにはまともな契約ですね。

もし契約が進んでしまえば、もしあなたの病気で入院したり、もっと違う病気が見つかってしまった場合に、後から保険会社から疑いをかけられたり、別の調査をされても、文句は言いませんから。

もしそういったことがばれてしまうと、あなたはブラックリストに載ってしまうかもしれませんし、その情報が違う保険会社に伝わってしまって、あなたが別の保険会社に生命保険に加入することができなくなってするかもしれませんよ。

なのであなたに再検査を受けて、その結果明らかに悪かったら、その会社と契約することをやめて、しばらくしてから別の保険会社さんと契約するのも考えてみたらいかがでしょうか。

もし通院していても、別にそれは法律違反ではありませんよ。そしてあなたの自身の健康の為にも、体に検査を受けてどういう病気があるのか、どういった保険であれば1番あなたの健康を守ってくれるのかを再度勉強されたらどうかなと思います。