生命保険の審査落ちた?心療内科への受診が原因か

スポンサーリンク

生命保険の審査落ちた?心療内科への受診が原因か

私は、ある保険会社の、生命保険に加入をしたいと思っています。

私は健康でしたし、タバコも吸いませんし、飲酒もしませんし若いので、とても安い保険料で生命保険に加入できると思っていました。

しかしちょっと問題が起きてしまいました。それは、職場に非常に怖い上司がいて、そのため、頭痛吐き気が……。

それであまりにもひどかったので、よくないことが起こる前に、心療内科を受診しました。

心療内科で、何か病名がつくと、休息できるとも思いました。

例えば、パニック障害や適応障害などです。

しかし心療内科に相談に行くと、生命保険の申し込みできなくなると言う形を聞いたことがあります。

それにそういった既往歴があると、保険料が高くなると言うちょっと心配していました。

そして生命保険申し込みしたのですが、心療内科に受診したことが原因で、契約できなくなるんじゃないかと心配しています。

保険の契約をしようとしているときに、すぐに心療内科を受けるのは良くないことでしょう。
生命保険であっても、クレジットカードみたいな審査がありますよね。

それにもし心療内科に受診していることが生命保険の契約にとても不利になった場合そういった情報は各保険会社の間に知れ渡ってしまって、他の生命保険や、医療保険、学資保険等の加入にも影響与えることがあるのでしょうか。

生命保険の審査落ちた?心療内科への受診が原因かへのアドバイス

保険での天候状態の申請申告についてですけど、保険に入る時は保険料や掛け金によっていろいろ違いますが、最近はとても安いタイプの生命保険や共済の商品が多く紹介されていますね。

そして加入する人もとても多いです。

こういった種類の電話、健康状態の告知申告の条項が少ないので契約しやすい保険が多いです。

ただ、あまり自由に入れる印象ではなく、ちょっとした制約がついてるような印象を受けます。

例えば、「過去3ヶ月の間に医者に通っていて、検査や治療、薬を飲むことを勧められたことがありますか」みたいな質問があって、そこに「はい」という答えをすると加入できないケースもあります。

健康状態の告知申告事項は、他にも細かいところでいろいろありまして大体こんなような質問をされます。

1つであっても、はい、と答えたりするものがあると、加入ができないこともあります。

歳をとるとともに病気や通院した履歴が増えていきますね。

なので若いときにこそ入っておいた方が良い保険もありますよ。

今回のあなたの場合ですが。心療内科の受診と言う事ですね。

私の知り合いは、心療内科に受診したこと言って、生命保険の審査が落ちたことがあります。

その人はうつ病で通院していましたが、そのことがネックとなったようで、審査の段階で断られてしまったようです。

とは言え、あなたの場合、現時点でとくにうつ病とか適応障害とか、はっきり診断されてはいないということですよね。

心療内科に通院していたことを隠し通すこともできると思います。

しかしそのこと以外でも、もしあなたが心身に不調をきたして保険金を請求したくなったときに、以前に心療内科に行っていたということが、逆に「申告義務があるのに嘘をついた」というふうに捉えられることになるかもしれません。

というのも、嘘をついて加入いたと言う話でなくてどうしても、加入した後に、1年位の間の保険金請求は必ず健康状態や生活状態の調査が入ってしまうのです。

つまり、加入者の同意のもとに、病院や、健康保険の組合に行って調べる人が来る、ということ。

たとえそれが掛け金が安い商品や医療保険であっても同じです。

当然、調べられるのを断ることも可能ではありますがそれを断った場合は、お金が支払われる事はないでしょう。

もしあなたの病歴や生活態度に疑わしい点がたくさんあれば、そういった調査は長く続きます。

最も良くないのは、契約が解除されてしまったり、保険金を支払われない上に、掛け金も返してもらえなくなります。

心療内科に、と言う事ですが保険会社との契約の時に、お医者さんとの面接を行う場合もあります。

その時に嘘をついたりすればもっと良くないことになるでしょう。

その時の面談では、カルテに、初めてその心療内科に受診した日(初診日)記載をする必要があります。

そしてときの状況を詳しく聞かれますよ。具合が悪くなったのはいつ頃からかとか、どういう事情があって心療内科に受診したのかとか、どういった症状があるのかなどをお医者さんが問診してくるのです。

心療内科に通っていると言う事は、精神病などの疑いがあるわけですね。

こういった精神疾患を持つ人は、例えば入院したりすると非常に長引くことがあります。入院が多いとかそういった他の人に比べてリスクが高い人たちとなります。

完治するのに5年以上かかったり、薬を10年以上の服用する人もいるくらいですから。

さらに少しの生活の変化で、症状がぶり返したり、体調不良(例えばめまいや頭痛など)が多く起こってきますよね。なのでこういった心療内科に通う人は正直保険会社からはあまり歓迎されないと言うのが事実です。

心療内科への通院できがあるとよくあることですが、今のあなたの場合、嘘をついて加入すると言うよりは、治療の効果が出て、完治してから、あなたの保険会社と契約したほうがいいと思います。

まだ若いので治療に専念するといいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする