生命保険の審査がゆるい:告知義務違反はどうバレる

スポンサーリンク

生命保険の審査がゆるい:告知義務違反はどうバレる

私が契約している。保険会社から、なぜか告知義務の違反していると言うことで、契約を解除しますと言う連絡が来てしまいました。

これは何なんでしょう。

子宮頸がんが見つかったため手術をしようとしました。

その手術代を請求したら、告示君犯人のために、調査をします、調査が完了するまで、保険金のお支払いはできませんと連絡が来たのです。

こんな調査が来たら、必ず保険金は降りないとか、他の保険会社にも入れないとかこの先が不安になって仕方がありません。

病気したり怪我をしたりしたら困るので、せっかく保険に入っていたのに、こんなことになって悔しいです。

経済的な補償を得ようとして頑張って保険料払ってきたのに、そんなことで契約解除されてしまうのは腹が立ちます。

そしてこういった場合に他の生命保険に入ろうとしても、情報が保険会社どうして強要されたりして、他のも入れなくなったりするのでしょうか。

告知義務違反ってどうやって調査するんでしょう。

生命保険の審査がゆるい:告知義務違反はどうバレるのアドバイス

生命保険の会社が、加入者の告知義務について調査をすることがあります。

それは、保険に加入したときの事ではなくて、保険金を加入者が請求して、お金をくださいと言った時に、もしかしたら加入時の告知君に違反があったのではないかと保険会社が感じた時に行われるようです。

ですから契約した日から、2年以内の間に、保険会社が全部調査すると言うわけではありません。

保険金を請求してくる書類から、告示君版があるのかないのか分からない状態で、わざわざお金をかけてその人の身辺調査や健康状態を調査することはないんです。

保険会社は、もし調査をするとしたら、まず保険会社に提出されてきた病院からの診断書を確認します。

そしてその病院に、電話で問い合わせしたり、文書によって、資料を紹介したりすることがあります。

さらに、保険契約者に対する電話による調査や、被保険者がなくなっているときは、家族などに対して、調査を行います。

その調査は、病院にどのぐらい通っていたことが、治療の内容や、お医者様のお名前、既往歴等いろんなことを調べるようです。

こういった調査に対し病院側は比較的協力的です。

保険会社が調査をすれば、病院側はカルテを普通に開示しますし、保険会社の対応には医療事務の人は慣れているので簡単に調査ができるようです。

さらに、会社での健康診断とかであれば、勤務先や、役所を通して、健康診断を受けた病院を探し、調べることもあるようです。

こういった保険会社の調査を断ったときには、保険金が支払われないことになります。

保険会社の調査は、さすがプロだと言わざるを得ない位、上手ですよ。

病院への受診時が受信できがバレないように、他の人の健康保険を借りて受診したり、名前を変えて現代の医療施設を訪問し、全額自己負担で履歴が残らないように健康保険を使わずに病院を訪れたといったケースもあったようです。

しかしこういったことも保険会社の調査網で全てばれてしまったのです。

(そこまでやるのって驚きですよね)

保険会社はこういった調査でどういう人たちが告知義務違反をするのか、肌感覚でつかんでいます。

ですからごまかして加入することをまず不可能だと思って間違いありません。

さらに保険会社同士で、契約者とか申し込み者の情報を共有している組織、というか協会みたいなのがあります。

たしか「生命保険協会」だったかな……そこでは契約の内容を登録したり、内容とかやりとりとか病歴とかを調べることができる照会制度があるみたいです。

各保険会社は、こういう契約者たちの個人情報が見られるようになっています。

ですからもしあなたがたとえば本当に告知義務を違反していた、ということが判明すれば、今の保険会社とは契約解除になることでしょうし、その情報が共有されてしまって、他の保険会社も見ることができるようになります。

ここがダメだったから、違う会社と契約しよう……ということができないしくみになっているのですね。。。

生命保険は正しく使えばとても便利ですが、もし告知義務に違反したら、それは法的には詐欺(保険金詐欺)扱いになってしまいますから注意しないといけないですね。

悪気がなくても。

今では、持病があっても入れたり、病気そのものを保証するような保険もありますから、告知義務違反して入るより、あらかじめ自分の持病をケアしてくれる保険を選んで入った方がいいですよ。

やっぱり正直に自分のことを話して、長く保険を続けたほうが賢いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする