生命保険の審査を経て保険料を払うときについて

スポンサーリンク

生命保険の審査を経て保険料を払うときについて

生命保険の保険料を支払うのですが、普通、毎月払いですよね?

保険に入ったとはいえ、(審査は簡単に通ったんですが)保険料を払う際にどう考えていいのかよくわからないのです。。。

生命保険に入ったきっかけは、知り合いのおばさんの強いすすめです。

そのおばさんは、保険外交員を20年もやってるベテランで、すごい売り上げもある人みたいなのですが、なんだか支払いを急かしてくるので悩んでいます。

そのおばさんが言うには、毎月の支払ではなくて、(月払いではなく)一括まとめて払ったほうが絶対トクだと。

何か控除されるとか安くなるとか、そういうことではないのですが、とにかく「お得なんだ」としか言わないので、どうオトクなのか、何がどうメリットがあるのか、私はさっぱりわからないんです。

そこで、支払いは月々じゃなくてまとめて払った方がいいと言われました。

額が少なければいいんですけど、この保険契約は、総額が800万くらいあるんです。
これって多すぎませんか?

一応貯金と親からの遺産でそのくらいはあるんですが、そんな大金を一括で払ってしまうというのは躊躇します。

また、どんなメリットがあるのかはっきりしないので、どうしようか、本当にそれで大丈夫なのか、と思います。

もし途中で自分が死んでしまったりしたら、保険契約上何もメリットないし。

そのほかに800万円、支払いが終了する以前であっても、私の身になんらかのことがあったら、保険金ってもらえるのかな?っていうのも心配なんですよ。

おばさんに断るのが悪いから保留にしてるけど、どうしようかなと。

年齢は現在三十代前半です。貯えをほとんどすべて使ってしまうことになりますが、一応全額預けることはできることはできます。

メリットとかデメリットを聞いているんですが、おばさんは

「保険っていうのは難しいものだから、よくわからない状態で入るのが普通なのよ」
みたいに言われます。

食い下がって聞いても、適当でわけのわからないことを並べられ、資料を出してきて何かよくわからないデータを見せてきて、「とにかく一括で払ってくれた方が、絶対いいのよ」
の一点張りです。

生命保険の審査を経て保険料を払うときについて、のアドバイス

なんだかおばさんにはメリットはあっても、あなたのメリットがはっきりしませんよね。
あなたが大事にしている貯金ですよ。

それに亡き親御さんからの遺産、とても大切なお金ですよね。

それなのに、たとえおばさんであったとしても、保険契約についてしっかり説明もなく。

さらに、メリットもはっきりしないのに、無理に勧めてくるなんて、ちょっとおかしいと思いますよ。

外交員さんってたまにそういう人いますよね。自分も保険のことわかってないから、「保険は難しいからわからなくていいのよ」って強引にわからないままに契約させようとする人が。

あなたのおばさまも、残念ですがそんなタイプでは?

大事なあなたのお金を預かって運用する側なはずなのに、きちんとメリットデメリットを説明しない人なら、安心できませんよ。

私なら預けませんね。

一括だと割引があるとか、そういう問題ではないと思いますよ。

預かる側と預ける側の、信頼関係ができていないのですから。

新規に入る時くらいは、丁寧でわかりやすい加入説明をしてくれるのが普通ですよ。

それなのに、そんな大事な場面でちゃんと説明してくれない人なんて、保険金を請求したときだって、全然まともに対応してくれないと思います。

明らかにおかしいし信頼できないので、その人を信頼するの、やめておいた方がいいのではないでしょうか?

保険金が欲しいときって、あなたに何かがあったとき、たとえば自分では動けなくなるくらい重い病気になってたり、ケガしてたりしてるわけですよね。

そんな危機的な状況のときこそ、親切な保険外交員さんは役に立つことがありますが、この人の場合はそんなときもパニクったり放置したりして、頼りにならないと思います。

さらに、一括払いでの控除っていうメリットは、税制上在るみたいです。

しかし、生命保険の控除的って、たしか8万以上払ってても4万円くらいしか控除してもらえませんよね。

なので、年払いとか月払いのほうがいいですよ。

というより、月払いってそれほどメリットはありませんから、年払いにしておいて、きちんと毎年生命保険の控除を、年末調整の時にしたらいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする