生命保険の審査落ちた一覧

生命保険審査ゆるゆる:誰でも絶対入れる保険探し

生命保険審査ゆるゆる:誰でも絶対入れる保険探し

生命保険に加入したいのですが、審査落ちが続いてて、困ってます。

審査がゆるいところ、どこかありますか?

ちなみに借金もあり、持病もあって……。あまり健康でイイ条件とはいえない身です。

できれば誰でも入れる!みたいな
手続き審査簡単!みたいな保険があるといいな~と思っています。

生命保険の審査がゆるいのはどこ?のアドバイス

生命保険の審査って、告知をする条件によっていろいろかわりますよね。

なので、絶対ゆるいとか絶対甘いとかは、はっきりとはいえないかもしれません。

しかし、保険レディをやってる友だち曰く、損保ジャパンとかひまわり生命とか、オリックスが審査ゆるいという情報があるらしいです。

(まあ、もちろん保険外交員同士の情報なので本当かどうかは微妙なところですが)

あと、会社によってゆるい条件と厳しい条件を分けてるところもあるみたいですよ。

たとえば、例えば代謝異常には厳しいが、糖尿にはゆるいとか。

どんな症状があって、どんな持病で……っていうのを、保険の窓口みたいなところで病名を出して聞いてみると、どの会社のどの商品ならいけそうだっていうのを教えてくれますよ。

保険会社の担当者にズバリ聞くよりも、保険の窓口系の人に聞いた方が、裏情報を教えてくれるようです。

とはいっても、すべての条件で審査ゆるいっていう会社は少ないかもしれませんね。

保険会社はやっぱり営利企業なんで……。

あと、何社も断られているとなると、審査落ち情報が保険屋さん同士で共有されてしまっているということも考えられますよね。。。

あなたの借金の情報とか、そういうブラックっぽい情報は、保険会社結構しっかり持ってますので。

あまりにも多数の会社に同時に申し込んだりすると、生命保険を悪質に利用しようとしている?と勘違いされたりすることもあります。

なので、審査落ちが続いているのであれば、少し期間を置いて申し込んだほうがいいかもしれません。

あと、これも保険外交員の友人に聞いたんですが、保険料の掛け捨てタイプの方が審査が厳しくて、積み立てタイプの保健は審査ゆるい傾向があるみたいです。

やっぱり保険会社が背負わないといけないリスクが高い人には、加入のための審査は厳しくなるのは当然で、リスクが低い人だったら審査ゆるめにしてもOKですよね。

だから、保険商品のなかで保険会社にリスクのひくい積み立て系の保険だったら審査ゆるくなるのもわかる気がします。

なので、借金が多いとか持病があるとかなら、積み立て系を選ぶっていうのも一つの手だと思いますよ。

とはいえ、最近では持病があっても入れるとかいう保険もありますよ。

あなたの持病についての保証だけは外されてしまうと思いますけど、それ以外のところではしっかり保障されると思います。

借金があるっていうのは少し心配ですが……保険会社も金融機関なんで、借金が多かったりブラックに乗ってたりする人は少し敬遠される傾向はあるみたいですしね。

でも、健康状態に心配があるだけなら、そしてそれほどお年を召していないのであれば、いろいろ検討してみればいくつかいい商品が見つかると思います。


審査ゆるい生命保険で病気を持つ人はどう扱われるか

審査ゆるい生命保険で病気を持つ人はどう扱われるか

生命保険を申し込みする際に、健康状態について聞かれる書類ありますね。

告知書と言うんでしたっけ?それに、書かないといけなくて、私は正直に書こうと思いました。

私は生理不順があるので、告知書には生理不順時にしました。しかし、正しく言うと多嚢胞性卵巣?とか言う病名がついてしまうのだそうです。

こういった場合、この書類の、病名を訂正しなければなりませんか。

確かに生理不順で病院には行きましたが、それほど酷いものではなく、簡単な生活上のケアや、ピルを処方され、しばらくそれを飲んでいるだけでだいぶ良くなりました。

今特に生活に問題はありませんし、病院に通ってもいません。

それであっても、告知書に、正しい病名を書いていないと言うことで、違反になってしまうのでしょうか。

そしてもしそういったことが先方に知られると、契約解除になったり、保険金が降りないとか、不利なことが起こってくるのでしょうか。

審査ゆるい生命保険で病気を持つ人はどう扱われるかのアドバイス

難しい所ですね。

多くはないと思うのですが、保険会社が巧みに保険を下ろさない手段として、告知書に義務違反があったと言うことも考えられますね。

例えば今のままだと、もし何かあって保険金を請求したとしても、入会の際に、自分の既往歴を少なく告知したと言うことで、告知義務の違反だと言うことも可能になってしまいます。

別に悪気は無いにしたって、後で変な風に捉えられたりすると鬱陶しいので、できるだけそういった病名がついているのであれば、後から追加での告知をすると言う方法取ったらどうでしょうか。

単なる生理不順の薬であっても、告知が必要になってくると思いますし、とは言えそれでそういった症状があるからといって入れないと言う事はありません。

一方通院していて、薬を貰って飲んでいると言うのに、それを全部隠して保険に加入すれば、何かあっても一切保証されないと言うリスクも出てきます。

たまに、通院していたことを隠す人がいますが、保険の会社は、病院のカルテを見たりとかしてバレてしまうことって結構あるんですよ。

さらに前のお医者さんからの紹介がどこからどのようにがあったかとか、どのような薬を服用しているかとかそういった事は細かく記録に残っているらしくて、見ることができるになっています。

なのであなたの場合は、追加で申告したほうが絶対いいです。

その方法は、もし代理店で契約をしたのであれば、その代理店に全て任せてしまったらいいです。

インターネットの通販型の保険であれば、そのサイトから、追加で告知をしたいと言う連絡をすれば、通常の追加に記入できる書類を送ってくれたり、直接記入できるインターネット上のページを紹介してくれたりします。

多分生理が不順な人は、生命保険や医療保険に加入できたとしても、卵巣ですとか卵管とか、子宮全体に、症状が出てもその部分については保険金を下ろさないといったような、条件がついてしまうと思います。

とは言え、それ以外の症状には普通に適用されるわけですから、別に今のあなたの状態を告知して何かすごく不利な条件になってしまうとは考えられません。

ですから、今の症状や病歴とか言うのがあったとしても、それを相手に告知して正しく生命保険に加入したほうが、後々有利だと思いますよ。

保険会社ってやっぱり営利企業だから、なるべく保険料をたくさんあつめて、保険金を払わないという方針で運営しているんです。

だから、契約者であるあなたにちょっとした落ち度があったら、それこそそのスキを突かれて、あれこれ後から「告知義務違反」とか「過少申告」とかいって保険金払ってくれないってこともあります。

大手の会社でも安心できないこと、ありますよ。

なので、契約のときはぜひ慎重になってくださいね。


生命保険の審査を経て保険料を払うときについて

生命保険の審査を経て保険料を払うときについて

生命保険の保険料を支払うのですが、普通、毎月払いですよね?

保険に入ったとはいえ、(審査は簡単に通ったんですが)保険料を払う際にどう考えていいのかよくわからないのです。。。

生命保険に入ったきっかけは、知り合いのおばさんの強いすすめです。

そのおばさんは、保険外交員を20年もやってるベテランで、すごい売り上げもある人みたいなのですが、なんだか支払いを急かしてくるので悩んでいます。

そのおばさんが言うには、毎月の支払ではなくて、(月払いではなく)一括まとめて払ったほうが絶対トクだと。

何か控除されるとか安くなるとか、そういうことではないのですが、とにかく「お得なんだ」としか言わないので、どうオトクなのか、何がどうメリットがあるのか、私はさっぱりわからないんです。

そこで、支払いは月々じゃなくてまとめて払った方がいいと言われました。

額が少なければいいんですけど、この保険契約は、総額が800万くらいあるんです。
これって多すぎませんか?

一応貯金と親からの遺産でそのくらいはあるんですが、そんな大金を一括で払ってしまうというのは躊躇します。

また、どんなメリットがあるのかはっきりしないので、どうしようか、本当にそれで大丈夫なのか、と思います。

もし途中で自分が死んでしまったりしたら、保険契約上何もメリットないし。

そのほかに800万円、支払いが終了する以前であっても、私の身になんらかのことがあったら、保険金ってもらえるのかな?っていうのも心配なんですよ。

おばさんに断るのが悪いから保留にしてるけど、どうしようかなと。

年齢は現在三十代前半です。貯えをほとんどすべて使ってしまうことになりますが、一応全額預けることはできることはできます。

メリットとかデメリットを聞いているんですが、おばさんは

「保険っていうのは難しいものだから、よくわからない状態で入るのが普通なのよ」
みたいに言われます。

食い下がって聞いても、適当でわけのわからないことを並べられ、資料を出してきて何かよくわからないデータを見せてきて、「とにかく一括で払ってくれた方が、絶対いいのよ」
の一点張りです。

生命保険の審査を経て保険料を払うときについて、のアドバイス

なんだかおばさんにはメリットはあっても、あなたのメリットがはっきりしませんよね。
あなたが大事にしている貯金ですよ。

それに亡き親御さんからの遺産、とても大切なお金ですよね。

それなのに、たとえおばさんであったとしても、保険契約についてしっかり説明もなく。

さらに、メリットもはっきりしないのに、無理に勧めてくるなんて、ちょっとおかしいと思いますよ。

外交員さんってたまにそういう人いますよね。自分も保険のことわかってないから、「保険は難しいからわからなくていいのよ」って強引にわからないままに契約させようとする人が。

あなたのおばさまも、残念ですがそんなタイプでは?

大事なあなたのお金を預かって運用する側なはずなのに、きちんとメリットデメリットを説明しない人なら、安心できませんよ。

私なら預けませんね。

一括だと割引があるとか、そういう問題ではないと思いますよ。

預かる側と預ける側の、信頼関係ができていないのですから。

新規に入る時くらいは、丁寧でわかりやすい加入説明をしてくれるのが普通ですよ。

それなのに、そんな大事な場面でちゃんと説明してくれない人なんて、保険金を請求したときだって、全然まともに対応してくれないと思います。

明らかにおかしいし信頼できないので、その人を信頼するの、やめておいた方がいいのではないでしょうか?

保険金が欲しいときって、あなたに何かがあったとき、たとえば自分では動けなくなるくらい重い病気になってたり、ケガしてたりしてるわけですよね。

そんな危機的な状況のときこそ、親切な保険外交員さんは役に立つことがありますが、この人の場合はそんなときもパニクったり放置したりして、頼りにならないと思います。

さらに、一括払いでの控除っていうメリットは、税制上在るみたいです。

しかし、生命保険の控除的って、たしか8万以上払ってても4万円くらいしか控除してもらえませんよね。

なので、年払いとか月払いのほうがいいですよ。

というより、月払いってそれほどメリットはありませんから、年払いにしておいて、きちんと毎年生命保険の控除を、年末調整の時にしたらいいと思います。


生命保険の審査がゆるい:告知義務違反はどうバレる

生命保険の審査がゆるい:告知義務違反はどうバレる

私が契約している。保険会社から、なぜか告知義務の違反していると言うことで、契約を解除しますと言う連絡が来てしまいました。

これは何なんでしょう。

子宮頸がんが見つかったため手術をしようとしました。

その手術代を請求したら、告示君犯人のために、調査をします、調査が完了するまで、保険金のお支払いはできませんと連絡が来たのです。

こんな調査が来たら、必ず保険金は降りないとか、他の保険会社にも入れないとかこの先が不安になって仕方がありません。

病気したり怪我をしたりしたら困るので、せっかく保険に入っていたのに、こんなことになって悔しいです。

経済的な補償を得ようとして頑張って保険料払ってきたのに、そんなことで契約解除されてしまうのは腹が立ちます。

そしてこういった場合に他の生命保険に入ろうとしても、情報が保険会社どうして強要されたりして、他のも入れなくなったりするのでしょうか。

告知義務違反ってどうやって調査するんでしょう。

生命保険の審査がゆるい:告知義務違反はどうバレるのアドバイス

生命保険の会社が、加入者の告知義務について調査をすることがあります。

それは、保険に加入したときの事ではなくて、保険金を加入者が請求して、お金をくださいと言った時に、もしかしたら加入時の告知君に違反があったのではないかと保険会社が感じた時に行われるようです。

ですから契約した日から、2年以内の間に、保険会社が全部調査すると言うわけではありません。

保険金を請求してくる書類から、告示君版があるのかないのか分からない状態で、わざわざお金をかけてその人の身辺調査や健康状態を調査することはないんです。

保険会社は、もし調査をするとしたら、まず保険会社に提出されてきた病院からの診断書を確認します。

そしてその病院に、電話で問い合わせしたり、文書によって、資料を紹介したりすることがあります。

さらに、保険契約者に対する電話による調査や、被保険者がなくなっているときは、家族などに対して、調査を行います。

その調査は、病院にどのぐらい通っていたことが、治療の内容や、お医者様のお名前、既往歴等いろんなことを調べるようです。

こういった調査に対し病院側は比較的協力的です。

保険会社が調査をすれば、病院側はカルテを普通に開示しますし、保険会社の対応には医療事務の人は慣れているので簡単に調査ができるようです。

さらに、会社での健康診断とかであれば、勤務先や、役所を通して、健康診断を受けた病院を探し、調べることもあるようです。

こういった保険会社の調査を断ったときには、保険金が支払われないことになります。

保険会社の調査は、さすがプロだと言わざるを得ない位、上手ですよ。

病院への受診時が受信できがバレないように、他の人の健康保険を借りて受診したり、名前を変えて現代の医療施設を訪問し、全額自己負担で履歴が残らないように健康保険を使わずに病院を訪れたといったケースもあったようです。

しかしこういったことも保険会社の調査網で全てばれてしまったのです。

(そこまでやるのって驚きですよね)

保険会社はこういった調査でどういう人たちが告知義務違反をするのか、肌感覚でつかんでいます。

ですからごまかして加入することをまず不可能だと思って間違いありません。

さらに保険会社同士で、契約者とか申し込み者の情報を共有している組織、というか協会みたいなのがあります。

たしか「生命保険協会」だったかな……そこでは契約の内容を登録したり、内容とかやりとりとか病歴とかを調べることができる照会制度があるみたいです。

各保険会社は、こういう契約者たちの個人情報が見られるようになっています。

ですからもしあなたがたとえば本当に告知義務を違反していた、ということが判明すれば、今の保険会社とは契約解除になることでしょうし、その情報が共有されてしまって、他の保険会社も見ることができるようになります。

ここがダメだったから、違う会社と契約しよう……ということができないしくみになっているのですね。。。

生命保険は正しく使えばとても便利ですが、もし告知義務に違反したら、それは法的には詐欺(保険金詐欺)扱いになってしまいますから注意しないといけないですね。

悪気がなくても。

今では、持病があっても入れたり、病気そのものを保証するような保険もありますから、告知義務違反して入るより、あらかじめ自分の持病をケアしてくれる保険を選んで入った方がいいですよ。

やっぱり正直に自分のことを話して、長く保険を続けたほうが賢いです。


通院歴、既往歴を聞かれないゆるい審査の生命保険

通院歴、既往歴を聞かれないゆるい審査の生命保険

夫の生命保険について考えています。

保険の窓口などで相談していると、朝日生命の、掛け捨ての生命保険とか、ソニー生命のドル建ての生命保険など、いろいろな良い商品が見つかって今検討中です。

しかし保険の審査で、既往歴や、通院歴がどのように聞かれるかがちょっと心配です。

生命保険の保険の審査で、通院歴や、既往歴を全くされないような保険商品てあるのかなぁとちょっと疑問に思いました。

というのは、実は、以前、夫は精神疾患を病んだために、心療内科に通院していたことがあります。

今は症状がほとんどなくなったので、大丈夫かなと思うのですが、たまに調子が悪くなる時があります。

その精神疾患は、実はうつ病です。

なので、仕事で調子が悪くなると、うつ気分が出てくることがあるのです。そういったときは、たまに心療内科へ行って処方箋をもらい、うつ病に効く薬を飲んでいたりします。

こういったことが、生命保険の審査に影響があるのなら、どうしようかなと思っています。

保険の窓口の担当の人に聞くと、やはり、精神疾患の既往歴があったり、たとえ症状が良くなったとしても、現在も通院していると言うと、審査が通らないかもしれないと言っています。

さらに、例えば審査そのものには通ったとしても、うつ病に関連する病気とか症状に保険金が出ないとか、月々の保険料が少し上がるのではないかと言われてしまいます。

もし、通院歴、既往歴など、何も聞かれない保険があると、こういった煩わしいことも全部しなくて済むのにと思ってしまいます。
ワガママな思いというのはわかっているのですが、どうしても保険に入りたいと思っています。

通院歴、既往歴を聞かれないゆるい審査の生命保険についてのアドバイス

やはり、生命保険会社は、どの会社であっても、うつ病等は加入することそのものが、とても難しい(審査が降りない)と言う場合は多いようです。

ご主人は、会社を休んでいた履歴がありますか?

特に休職履歴があると、ちょっと難しいかもしれません。そういった場合は、より慎重に審査がされてしまうからです。

また、症状が軽いといっても、通院して薬を飲んでいると言う事は、その病気が完全に治っていないと言うことになりますよね。

そうなれば、完全には治っていないと言う形で申し込みをするか、あるいはまた完全に治るまで待って、その後に申し込みすることになると思います。

ほとんどの保険の場合は、治療が完了して、その症状が全く出なくなった(寛解)など、何年後と言う基準がありますよね。

なので、通院しているとなると、治っていないと言うことになってしまうからです。

契約するときに告知書とか契約書を見てください。

やはり〇〇以内にと書かれていると思います。

たいていは5年以内になっていることが多いようです。病気が治っていない家そして病気が治ってから5年以内でないと、加入できないと思いますよ。

とはいえ、どうしても絶対に生命保険に入りたい、ということであれば……、その病気に関連する「特約」みたいなものを除外してに加入することも可能らしいです。

だって、病気の事実を話してしまうと、会社としては審査に通すわけにはいかないですよね。

そのために、大昔にそういった症状があったことはありましたが、今は完治していますという形で申告して、審査が通るようにふるまったり工夫したりするしかないのでは、と思います。

相談するにしても、保険の代理店もいいですが、ご主人の会社に訪問営業に来てくれる保険レディみたいな人に直接聞いてみるのもいいかもしれませんよ。

精神疾患があるとか、以前そうだったってことを正直に言ってしまえば、その人は自分の会社の保険にはしつこく営業してくることもないので笑

うっとうしい思いもすることなく、情報だけ引き出すことができますから。

以前私の会社に来てた保険レディがいましたが、ある社員にすごく情熱的に加入を勧めていましたが、その人が以前うつだったと知ってからは、パタっと会社に来なくなってしまいました。笑

こういったことからも、精神疾患の人を保険に入れるリスクってすごくあって、会社は警戒してるんだな~とわかりましたね。

なのであなたが本当にご主人の保険のことを考えているのなら賢く立ち回る必要はあると思います。

とはいえ保険って契約者の保険料で相互扶助の概念で運用されているわけですから、あまりにひどいウソをつきまくって加入するのは、あまりよろしくないとは思いますが……。

背に腹は代えられませんよね。


生命保険の審査落ちた?心療内科への受診が原因か

生命保険の審査落ちた?心療内科への受診が原因か

私は、ある保険会社の、生命保険に加入をしたいと思っています。

私は健康でしたし、タバコも吸いませんし、飲酒もしませんし若いので、とても安い保険料で生命保険に加入できると思っていました。

しかしちょっと問題が起きてしまいました。それは、職場に非常に怖い上司がいて、そのため、頭痛吐き気が……。

それであまりにもひどかったので、よくないことが起こる前に、心療内科を受診しました。

心療内科で、何か病名がつくと、休息できるとも思いました。

例えば、パニック障害や適応障害などです。

しかし心療内科に相談に行くと、生命保険の申し込みできなくなると言う形を聞いたことがあります。

それにそういった既往歴があると、保険料が高くなると言うちょっと心配していました。

そして生命保険申し込みしたのですが、心療内科に受診したことが原因で、契約できなくなるんじゃないかと心配しています。

保険の契約をしようとしているときに、すぐに心療内科を受けるのは良くないことでしょう。
生命保険であっても、クレジットカードみたいな審査がありますよね。

それにもし心療内科に受診していることが生命保険の契約にとても不利になった場合そういった情報は各保険会社の間に知れ渡ってしまって、他の生命保険や、医療保険、学資保険等の加入にも影響与えることがあるのでしょうか。

生命保険の審査落ちた?心療内科への受診が原因かへのアドバイス

保険での天候状態の申請申告についてですけど、保険に入る時は保険料や掛け金によっていろいろ違いますが、最近はとても安いタイプの生命保険や共済の商品が多く紹介されていますね。

そして加入する人もとても多いです。

こういった種類の電話、健康状態の告知申告の条項が少ないので契約しやすい保険が多いです。

ただ、あまり自由に入れる印象ではなく、ちょっとした制約がついてるような印象を受けます。

例えば、「過去3ヶ月の間に医者に通っていて、検査や治療、薬を飲むことを勧められたことがありますか」みたいな質問があって、そこに「はい」という答えをすると加入できないケースもあります。

健康状態の告知申告事項は、他にも細かいところでいろいろありまして大体こんなような質問をされます。

1つであっても、はい、と答えたりするものがあると、加入ができないこともあります。

歳をとるとともに病気や通院した履歴が増えていきますね。

なので若いときにこそ入っておいた方が良い保険もありますよ。

今回のあなたの場合ですが。心療内科の受診と言う事ですね。

私の知り合いは、心療内科に受診したこと言って、生命保険の審査が落ちたことがあります。

その人はうつ病で通院していましたが、そのことがネックとなったようで、審査の段階で断られてしまったようです。

とは言え、あなたの場合、現時点でとくにうつ病とか適応障害とか、はっきり診断されてはいないということですよね。

心療内科に通院していたことを隠し通すこともできると思います。

しかしそのこと以外でも、もしあなたが心身に不調をきたして保険金を請求したくなったときに、以前に心療内科に行っていたということが、逆に「申告義務があるのに嘘をついた」というふうに捉えられることになるかもしれません。

というのも、嘘をついて加入いたと言う話でなくてどうしても、加入した後に、1年位の間の保険金請求は必ず健康状態や生活状態の調査が入ってしまうのです。

つまり、加入者の同意のもとに、病院や、健康保険の組合に行って調べる人が来る、ということ。

たとえそれが掛け金が安い商品や医療保険であっても同じです。

当然、調べられるのを断ることも可能ではありますがそれを断った場合は、お金が支払われる事はないでしょう。

もしあなたの病歴や生活態度に疑わしい点がたくさんあれば、そういった調査は長く続きます。

最も良くないのは、契約が解除されてしまったり、保険金を支払われない上に、掛け金も返してもらえなくなります。

心療内科に、と言う事ですが保険会社との契約の時に、お医者さんとの面接を行う場合もあります。

その時に嘘をついたりすればもっと良くないことになるでしょう。

その時の面談では、カルテに、初めてその心療内科に受診した日(初診日)記載をする必要があります。

そしてときの状況を詳しく聞かれますよ。具合が悪くなったのはいつ頃からかとか、どういう事情があって心療内科に受診したのかとか、どういった症状があるのかなどをお医者さんが問診してくるのです。

心療内科に通っていると言う事は、精神病などの疑いがあるわけですね。

こういった精神疾患を持つ人は、例えば入院したりすると非常に長引くことがあります。入院が多いとかそういった他の人に比べてリスクが高い人たちとなります。

完治するのに5年以上かかったり、薬を10年以上の服用する人もいるくらいですから。

さらに少しの生活の変化で、症状がぶり返したり、体調不良(例えばめまいや頭痛など)が多く起こってきますよね。なのでこういった心療内科に通う人は正直保険会社からはあまり歓迎されないと言うのが事実です。

心療内科への通院できがあるとよくあることですが、今のあなたの場合、嘘をついて加入すると言うよりは、治療の効果が出て、完治してから、あなたの保険会社と契約したほうがいいと思います。

まだ若いので治療に専念するといいと思います。


ゆるい生命保険の審査:持病がある場合はどうするか

ゆるい生命保険の審査:持病がある場合はどうするか

生命保険に入りたいのですが、実は若い時から持っている持病があります。

でもどうしても生命保険に入る必要があります。

それからいくつかの保険会社にいろいろ申し込んで、もし全部通知が通ったら、どこに入ってもいいものでしょうかいろいろな保険会社に連絡をして、申請をして、審査が通ったらその中から自分の入りたい生命保険を自分で選択して契約できると言う事は考えられますか。

ゆるい生命保険の審査:持病がある場合はどうするか、へのアドバイス

あらかじめ、申し込みをしてきた人の、健康状態などの、仮にゆるく審査して、そして改めて正式に申し込んでもらい、その後に本契約と言うスタイルの保険会社もあるようです。

ただあまり多くはありません。

そして、もし持病があるなら、その持病に関連する部分についてだけは、仮に受付だけしておいて、その部分での保証はしないとか、そういった条件付きの契約になることもあります。

とは言え、どのような決定が契約の段階でされる言葉は、その保険会社の、最終決定をする審査の部署が行います。

なので仮にその段階で契約ができたとしても、本契約で必ず審査が通るとははっきりは言えないと思います。

やはり自分があると言う事は、その持病があるので状態なのかとか必要なのかと言う事は、会社側はかなり厳しく審査してくると思います。

保険会社によっても、持病があっても受付してる会社にたくさんありますよね。

なので、先に、考えている保険会社に電話をしたり、代理店、あるいは生保の外交員の人に聞いてみたらどうでしょうか。

こういった持病があっても入れるかどうか、どのような保証が受けられるかなど、相談するととても丁寧に教えてくれますよ。

無理なら無理だったとか、あるいは条件がついても良いのであれば、条件付きの保険契約にするなど、入る前に相談すれば、ある程度どういった契約になっていかがはっきりしてきますよ。

そしてたくさんの保険会社と契約を考えているならば、代理店に一括して相談を依頼するのもありです。

そうすると、保険代理店は、その持病持っていても、入れるような保険商品たくさん集めてくれて、1番有利な保険契約はどの会社のどの商品なのかということを、とても的確に指導してくれます。

保険代理店はそういったことのプロのですから、素人が判断するよりも、ずっと有利な条件を探してくれるはずですよ。

絶対に後からバレるものなのか?

保険会社に加入するときに、自分を言わなかった場合、絶対に後からバレてしまうのでしょうか。

それから、もし契約時に持病を言わなかったとしても、契約後何年ぐらい経てば、その告知する義務が消えることが、いわゆる事故みたいなものはあるのでしょうか。

自分は持病があるのですが、些細な状態ですし、その寿命になって命が危ういとか、長い間療養しなければいけないとか、そういう事はないので、大丈夫ではないかなと思うのですが。。

というのも、会社で全体に入るのは生命保険なので、会社側に持病についてバレたくないんです。

だから会社にバレないように保険会社にだけは自分を告知できる方法があれば、その方法でもいいかなと思っています。

絶対にバレるか?のアドバイス

そういうことであれば、治療があっても入れる保険を選んで契約されるかあるいは持病をきちんと話し合って、保険会社に相談するというか、入れるかどうか聞くのがいいと思います。

会社に行っても、そういった自分があっても条件が付きますが、契約できるところもたくさんあるのでしょう。

しかしあなたの場合は、会社の全体での生命保険と言うことでですよね。

それなら、会社では全体で加入していたとしても、個別の保険会社の担当者に、いつもジムがあると言うことを会社に内緒でお話しなさったらいかがですか。

保険会社の、そういった事は慣れていますよ掘る会社に言わなくてもいいので、保険会社の人だけにはきちんと持病について話しておくということですよね。

それなら、会社では全体で加入していたとしても、個別の保険会社の担当者に、持病はある、でも会社に内緒にしておいて欲しいとお話しなさったらいかがですか。

保険会社は、そういった事は慣れていますよ。

会社に言わなくてもいいので、保険会社の人だけにはきちんとどういう持病を持っているのか、そしてなぜ会社にバレたくないのかをきちんと話して、あなたと保険会社の間だけではしっかりと契約したほうがいいと思います。

そして保険会社と守秘義務契約を結んで、会社には自分の事は言わないように、口止めすることもできます。

保険会社がこういった契約書の健康状態については、誰にも話さないとか、個人情報を守るといったルールが徹底されているはずです。ですからそれほど心配しなくても大丈夫ですよ。


ゆるい生命保険の審査、健康状態の告知について

ゆるい生命保険の審査、健康状態の告知について

生命保険を契約するときに、審査ってありますよね。

その審査が終わった後に、健康状態の告知のことで、保険の支払いの金額がいつもより多くなると言うことになりました。

それでまぁ、プラスになるならいいかなと思って、承諾して、そして証明がいると言われました。

その署名をする日に、契約書書いたのですが、その前に行ったお医者さんの健康診断の結果が家に郵送されてきました。

それを見ると、再検査が必要だと書かれている項目があったんです。

こういった場合、保険会社の人に追加で健康状態を知らせなければいけませんか?

これから先、もし健康状態何か問題が起きてしまったり、と言うことになったときに、きちんと保険金は払ってほしいと思っているのですが、こういった健康状態の告知に座るときに保険金が降りないような気がして心配です。

署名した日が健康診断の結果を知り己よりも前だったんだから、いいのではないかなと思うのですが。詳しい人教えてください。

ゆるい生命保険の審査、健康状態の告知についてのアドバイス

普通の保険会社であれば、おそらく、初回の契約書に署名したと言うことであれば、その前の告知内容であなたの健康状態における保険料の支払いが、条件が付くと思います。

割増で、それをあなたの健康状態にある貢献を契約したよそれを受け入れたと言う意味になりますよね。

ですから1番最初に健康状態を告知した日に戻って、契約状態が開始します。

ただし、以下のような保険会社もあるのが事実です。

健康状態が変わったと言うことで、契約書にしないこと。

そしてあなたには出もう一度検査を受けて、異常がなかったら良いけれども、もし検査が結果が悪かったりとか経過観察が必要な場合は、再提出しなければならないと言う会社です。

また検査の結果あまり良くなくてさらに精密検査が必要と言うような検査の結果であれば、割り増しが解除されて、それどころか、契約解除だったりとか受け入れを否定すると言う保険会社もあります。

しかしながら、あなたの健康状態がよくわかりませんよね。

あなたが現在の健康状態がいったいどの程度なのか。

また、加入したいと思っている生命保険にしてもいろんなタイプがあって、その会社によっては、審査をする項目が違ったりしますよ。

なので、その保険会社の担当者に相談するのが1番だと思います。

あるいは保険を総合的に相談してきてくれるファイナンシャルプランナーや、保険の窓口みたいなの業者さんに聞いてみるのもいいと思います。

といっても、あなたの告知の段階で健康状態に不備があることを知らなかったわけですから、とりあえずこの契約した保険会社と契約しておいたらいかがでしょうか。

応対がとても良いと言うところで、そしてもしも違う条件であなたの保険に加入できるなったら、その時にまた考えて、改めて別の生命保険契約を結んだらどうでしょうか。

それは1番あなたにとって良いかもしれませんね。(保険会社からしたら、少しずるい方法しれませんが。)

とは言え、1番クリーンな方法は、新たにもうちょっと良い病院でもう一回検査して、1番良い結果を出すにはまともな契約ですね。

もし契約が進んでしまえば、もしあなたの病気で入院したり、もっと違う病気が見つかってしまった場合に、後から保険会社から疑いをかけられたり、別の調査をされても、文句は言いませんから。

もしそういったことがばれてしまうと、あなたはブラックリストに載ってしまうかもしれませんし、その情報が違う保険会社に伝わってしまって、あなたが別の保険会社に生命保険に加入することができなくなってするかもしれませんよ。

なのであなたに再検査を受けて、その結果明らかに悪かったら、その会社と契約することをやめて、しばらくしてから別の保険会社さんと契約するのも考えてみたらいかがでしょうか。

もし通院していても、別にそれは法律違反ではありませんよ。そしてあなたの自身の健康の為にも、体に検査を受けてどういう病気があるのか、どういった保険であれば1番あなたの健康を守ってくれるのかを再度勉強されたらどうかなと思います。


審査ゆるい生命保険に加入申請して手続き完了までは?

審査ゆるい生命保険に加入申請して手続き完了まで、どのくらいかかる?

生命保険に入りたいのですが、入るお願いをしてから審査されて、すべて終わるまでにどのくらいの期間がかかりますかね?

生命保険の見直しをしているんですが、これまでお願いしていた保険会社とは違った業者に入りたい場合、新たに申請をしてから、告知をしたり色々手続きをして、手続きが終わるまでに平均どのくらいかかるかが知りたいです。

それに、今はいってる保険を解約するとしたら、解約のお願いというのはいつまでにする必要があるでしょう?

普通に考えたら、月々のほけん料を払う前の日までに連絡すれば、次の保険料を払わなくてもいいのかな?と思っているのですが、どんなものでしょうか。

審査ゆるい生命保険に加入申請して手続き完了まで、どのくらいかかる?のアドバイス

保険に入る申請をしてから、どのように審査するかによっても、違いがありますよね。

申請してから保険会社がこれを受け入れて、保険の契約を有効にするかどうかを検討する時間が必要になってきます。

いくら書類上の手続きが終わったとしても、保険会社がこういった受け入れをしない限り、その申し込みが成立することがなく、ただの書類のやり取りになってしまうのです。

なので、その期間は保険会社によって違うんですが、だいたい1週間くらいでしょうか?
長い会社だと、2週間以上かかるケースもあるみたいです。

もしあなたが新しい契約を結会社とすることを考えているなら、新しい会社との契約を成立させてから、古い保険を解約した方が良いのではないでしょうか。

その場合は、次に今契約している保険会社の保険料金が祓われる直前に、引き落としされる銀行口座の通帳を持っていってその保険会社の保険料を引きをしないようにしてくださいとお願いすればいいと思います。

ほとんどの銀行はすぐにやってくれます。

しかしまれに、できないと言ってくる金融会社もありますので注意をしてください。

そして、その月の保険料が落とされなかったとしても、保険契約の中身が変わってしまうとか、効力がなくなってしまうとかはありません。

次の月の月末まで契約が継続されますよ。その間に、新しい保険会社との契約の完了されるのを待っていてもいいと思います。

なので、保険料が起きないように、あなたが今使っている銀行口座から残りのお金をとっておくという方法もあります。

しかし、水道料金とか、その他の生活費は、別の口座から引き落としされるとすごいですよね。
なのであまりオススメできる方法ではありませんが……確実に前の保険会社の保険料が引き落とされないようにするには、銀行口座からお金を取っておくといいと思いますよ。

もし、新しく申し込んだ保険契約が、先方から断られて、契約に至らなかったとしても、その時は、次の月の月末までに、米の原料を一家月ちゃんと払っておけば、保険は引き続き契約が残りますからね。

要するに、生命保険と言うのは、1つ決めた事月目にヶ月分の保険の代金が引き落とされなかった時に、その契約が失効することになります。

なので、1月支払いが遅れてしまっても、契約がそのまま続きますよ。

例えば、3月分を支払わなかったとしても、4月分に上乗せして3月分を合わせて支払えば、その契約は問題なく続くと言うこと。

1ヵ月ぐらい引き落としが失敗したからといってすぐにブラックリストに載ることもありません。

なので古い保険契約は、急いで解約することはありませんよ。

新しい保険契約がちゃんと契約が受け入れられてから、今までの生命保険の保険契約をやめれば良いのではないでしょうか。

前の日に保険契約を解約を依頼しても、次の日の引き落としの手続きはもう既にされているので、直前の依頼では、引き落としをキャンセルすることはできないと思います。

もちろん、本人が直接銀行に口座の通帳持っていってその時に手続きを強行すればできるかもしれませんが、それでも前の日なのに直前だとまにあわないケースが結構あります。


生命保険の審査で嘘をついたらバレるの?

生命保険の審査で嘘をついたらバレるの?

恥ずかしいことですが生命保険の審査があってその時に嘘をついてしまいました。

本当にごめんなさい。

持病があるんですけど、健康ってことにして審査書類を出したんです。

これって罪になるのでしょうか。あるいは何か罰金取られるとか……。家族に迷惑かけたりしませんか?

あと、バレたときの言い訳みたいなのってどう答えたらいいのでしょうか。

生命保険の審査で嘘をついたらバレるの?のアドバイス

生命保険に入るときに、審査の段階で、本当のことを言わずに加入したとしても、保険の会社にはばれることはないでしょう。

とはいえ、その時はと言うことです。

しかしとても大事なのは、保険金を請求するときに、お医者さんの健康に関する診断書を出さないといけなくなると思いますよ。

そんな時に、あなたが保険に入るときに、自分の持病の状態とか、ほんとのこと言ってないと既往歴とか初診日などが書かれてないために、告知をする義務の違反があると言うことで、保険金が払ってもらえない、保険が契約解除今まで払ってきた保険料が、保険会社にとられてしまうと言う事があります。

さらにもっとやばいのは、あなたがそういう保険金目当てで保険会社に加入したのかとか、そういったブラックリストみたいなものに登録されてしまうことがあります。

あなたがささいなことで嘘をついたと言うことであっても、1歩間違えると、生命保険の保険金詐欺みたいな扱いをされることがあります。なので、加入時にあまり嘘をついて加入する事はやめたほうがいいと思います。

自分が嘘をついて加入したということが今わかっているんだあれば保険会社の担当者あるいは外交員みたいにするお願いして、本当のことを言ってもう一度加入し直ししたほうがいいと思います。

保険金詐欺とかそういうことをするのでなければ、正しく申告したほうが後々有利だと思いますよ。

生命保険に入る人が、みんな嘘をついたりしないと言うことをに基づいて、生命が保険会社は加入してもらうことを前提に考えています。

転勤先とか、悪意があったり、嘘をついて加入したりしないと言うのは、保険会社側の考え方なんです。

そのためもし、保険金や給付金が現れるときは、他の人が入っている保険の、契約者の方が払う真面目に払っている保険料から支払ってくれるんですね。

お互いに助け合うと言うのが基本理念で保険の上されてます。

しかし、最初に入るときに、病気を告知したり、お医者さんに診察を行ったりしてほんとのこと言わずに、嘘の加入した場合保険会社から調査が入ると言う可能性はなきにしもあらずですね。

あなたの場合、という事でもあるかもしれません。もしそれがばれてしまってもありま保険料がとられてしまい、さらに給付金を払ってもらえないと言うこともありますよ。

もし嘘をついて加入したら、そういった人を自分の契約者から排除したいというのは、保険会社の当然の考えですからね……。

生命保険って、健康なうちに、「もしも生命に危険があったときに保障してもらうおう」と考えて加入するのが当たり前の考え方です。

審査がゆるい生命保険会社

生命保険で加入する時に家のときの審査の甘い、審査がゆるい生命保険会社ってどこでしょうか?

第一生命を考えたんですが、付加保険料と言う追加して払うなきゃいけない勉強がついていて、月々の保険料がとても高くなってしまいます。それに、支払いの時に変な条件がついてしまうようです。

例えば〇〇ときには、入院の時の保険金が下りませんとかです。

朝日生命さんは申し込むときに、告知をしたんですが、加入そのもの断られてしまいました。

残念です。

告知の方法は、かんぽと朝日生命さんは、書類を自分で書いて提出するタイプでした。第一生命はお医者さんの医療診断を受けさせられました。

できれば入院したときの保険料が入るものや、死亡したときに保険料の給付がいくつかついてくるものがいいです。

月々の保険料はできれば15,000円以内にしてほしいですね。余裕がないので20,000以上は払えません。審査が緩く生命保険にどこか入れるところはありませんか

とは言え、加入するときに、健康状態を嘘をついて入るつもりはありません。

しかし、例えばどこかの生命保険会社で断られたことが、他の保険会社の審査の時にバレてしまって、ブラックみたいな感じになって、どの保険会社にも審査が通らなくなってしまうことがあるのでしょうか。

過去に病気になったことがあるわけではありません。

しかし、症状がないんですが健康診断の時の血液検査の結果、脂質代謝の結果とかが異常な値を出しているのでちょっと心配です。

審査がゆるい生命保険会社についてのアドバイス

生命保険で加入する時に家のときの審査の甘い、審査がゆるい生命保険会社ってどこでしょうか?へのアドバイス

まぁやはり、健康そのものいれば、加入をスムーズに考えるのは難しいかもしれませんね。あなたになった生命保険を選ぶ必要があると思いますよ。